• ホーム
  • 豆知識
  • 知ってトクするローン豆知識、教育ローンについて
子育てにはお金がたくさんかかります。今や子供一人を成人まで育てるのに、最低でも1000万円は必要と言われています。お受験や私立の学校に進学、海外留学、大学院進学など、進路によって必要な学費はかなり差が出てきます。最近は少子化が進み、子供一人あたりにかける教育費が増えていることからも、節約するわけにもいかないのが現状です。そんなときに、頼りになるのが教育ローンです。教育ローンとは、子供の教育費を使途としたローンのことで、国のローンと民間のローンがあります。国のローンは郵便貯金・簡易生命保険管理機構の「郵貯貸付」、雇用・能力開発機構の「財形教育融資」、日本政策金融公庫の「教育一般貸付」があり、低金利ではありますが、審査基準のハードルがなかなか高いのが特徴です。民間のローンは銀行や信用金庫、労働金庫、信用組合、JAなどでさまざまな商品があり、無担保型と有担保型があります。国のローンと比較すると金利は高めではありますが、融資可能金額が高めであることと、商品によってはローン返済支援保険や団体信用生命保険に加入できます。教育ローンを申し込む際は、本人確認書類、源泉徴収票や納税証明書などの収入を確認できる書類、入学金や学費納付金、授業料などを確認できる書類の提出が必要です。金利は変動金利と固定金利の2種類があり、自身で選択することができます。融資金額は無担保型の場合は10万円から500万円程度、有担保型の場合は最高で3000万円と無担保型と有担保型で融資金額が大きく異なります。教育ローンは多額の資金を借り入れることもあるため、返済期間が長くなります。そのため、少しでも金利が低いところを選ぶことで支払総額が異なってきます。資金に余裕があれば、繰り上げ返済をすることで返済期間が短くなり、返済の負担が少なくなります。教育ローンは数多くあり、細かい部分で内容が異なるため、よく吟味して選ぶことが大切です。

▲ページトップへ