• ホーム
  • 豆知識
  • 住宅ローンの借り換えをした方が得なのか、損なのか

夢のマイホームを手に入れた人の多くは、住宅ローンを組んでいることが多くあるのではないでしょうか。一括現金で住宅を購入できれば金利も気にせず、ローンに追われることなく、自分の住宅を手にすることが出来ます。しかし、それはそうそうあることではありません。住宅購入には、何百万、何千万、何億など一般の人が手元にあるお金を、はるかに上回っている場合が多いからです。だからこそ、民間の金融機関が住宅ローンの商品を数多く用意しているのだと言えます。住宅ローンを組む際に気になるのがその金利です。金利が安ければいいでしょうが、高ければ返済にも負担が生じますし、返済期間も伸びます。実際私は、住宅ローンを組む際に、審査が比較的通りやすく、なおかつ金利が安い銀行を住宅販売業者の担当から紹介してもらいました。金利が安く設定してある金融機関は審査が厳しくなっていることが多く、金利が高いところは審査が比較的緩いといった構図になっています。金融期間も、一個人の見ず知らずの人間に高額融資するのですから、その構図は当然と言えば当然でしょう。私の場合は変動制の金利で住宅ローンを組んでいます。契約時は金利が安くても、今後どうなるか分からない怖さがあります。それとは別に固定金利という住宅ローンもあります。その時の情勢に関わらず、ずっと同じ金利で推移していきます。どちらがいいか、得か、損かは各個人考えかたが違うので、一概には言えません。そこで最近気になっているのが、住宅ローンの借り換えです。先程も申し上げたように、今は各金融機関が住宅ローンの商品を提供しています。今話題のネット銀行でも取り扱いがあります。ネット銀行のホームページから、この住宅ローンを借り換えた場合の差額を出すことが出来るのです。今の金利と、残高を入力すればあっという間に計算してくれます。この際安くなる人もいれば、高くなる人もいることでしょう。しかし、一度ローンを組んだから、後は漠然とそれを返済するだけと考えず、もっと安い金利の銀行はないのか。ローンの負担を軽くする方法はないのか。考えてみるのもいいと思うのです。ネットでちょっと入力するだけで、思いのほか得することがわかるかもしれないのです。

▲ページトップへ