• ホーム
  • 豆知識
  • 住宅ローンで収入合算をするときの注意点を覚えておこう

マイホームを購入するときには、誰もが少しでも多く自分たちの要望を取り入れたいと思うでしょう。しかし、要望を取り入れれば取り入れるほど購入金額は高くなり、どこかで妥協しなければいけません。特に、住宅ローンを利用する場合には、借入額が多くなると審査に通らなくなる場合があり、場合によってはマイホームをあきらめなければいけないことにもなりかねません。では、妥協もしたくないし購入をあきらめたくもないといったときには、どうしたらいいのでしょうか。そんなときには、収入合算ができるか検討してみるのが一番です。収入合算とは、例えば、自分の収入だけではローンの審査が通らない場合に、妻の収入を合算してローン審査を受ける場合などのことをいいます。ローンの返済能力を査定する際にもっとも重視されるのが契約者の収入ですが、それに妻の収入を足すことで、返済能力が高くなったと見なされるわけです。しかし、収入合算をしたからといって、ローン審査で必ずプラスになるというわけでもありません。合算者に安定した収入があったとしても、すでに他の借金があり、その返済額が大きい場合や、過去に返済の遅延がある場合などには、収入合算によって逆にローン審査に通りにくくなることも考えられます。また、収入合算によってローン審査を通過できたとしても、それによってリスクも大きくなることを自覚しておく必要があります。収入合算をするということは、そもそも単独での返済が難しい額のローンを組むということになり、審査に通って融資を受けられても、実際の返済が苦しくて払い続けることができないという事態に陥る可能性も高くなるのです。また、二人の収入をあてにして返済をするということは、失業や不慮の事故などによる収入減といったリスクも二人分の影響があるということですから、将来の不安も大きくなります。住宅ローンの審査が通らないときには、まずは借入額を減らすことを優先して考え、それでもどうしても収入合算が必要であれば、それによって生じるリスクを十分理解した上で返済計画を立てるようにしましょう。

▲ページトップへ