みなさん住宅ローンを組まれたことがある方は多いと思います。住宅をローンを組まず一括で購入することが出来る方は、比較的少ないのではないでしょうか。こうしたように、高額な物の購入にはローンを組むことが多いのが普通ですが、その中の一つにアパートローンというものがあるのをご存知でしょうか。今回はこのアパートローンについて、ご紹介したいと思います。このアパートローンというのは、自分で住むためのアパートを借りる際に、ローンを組むということではありません。いわゆる、賃貸物件運営をしていくための資金を、金融機関から融資してもらうローンのことを言います。アパートを建築したり、買い取ったりする際に発生するお金を、ローンを組んで返済していくというものです。具体的には、賃貸物件の運用で得た賃貸料で、お金を借り入れた金融機関にローンの返済を行なっていきます。賃貸物件の運営について、経営者が実際の資金よりも大きな金額を運用にあてることが出来るのは、このアパートローンを組んでいる背景があることが多くあります。そのローンには住宅ローン同様、審査が必要です。アパートローンは、住宅ローンよりも金利が高いことが特徴の一つです。賃貸収益性や契約者の担保能力も審査の対象となるのです。しかしながら、アパートローンの魅力は普通の住宅ローンなどより、高額の借入れを可能にするところが大いのです。では、アパートローンを組むにどうすればいいかというと、各金融機関に行けば、各会社でアパートローンの商品が用意されています。民間の金融機関には、特定の企業と提携したローンと、個人が経営するローンの2種類があります。アパートローンを組んで融資を受けることができるのは、民間金融機関に限ったことではありません。住宅金融公庫から融資制度で借入れをしたり、国と地方公共団体による特定優良賃貸住宅の補助制度によって融資を受けることも可能なのです。以上アパートローンの紹介でした。

▲ページトップへ