住宅ローンなどを組もうと考えているそこのあなた。固定金利にするか変動金利にするか迷っていませんか。お互いのメリット、デメリットを簡潔に説明いたしますので、どちらが自分に合っているのかじっくり検討してみてください。まず固定金利とは当たり前ですが固定された金利のことで、ローンを組んだ当初の金利が完済まで続くものを言います。それに対して変動金利はその時の状況によって利率が変動するものを言います。固定金利のメリットは金利が一定なのでローンを組んで数年後、景気が回復し、情勢が変化し高金利になったとしても影響を受けないことです。返済額が変わらず分かりやすいので、将来設計を立てやすいこともメリットと言えます。一方変動金利のメリットは借り入れ後に景気が低迷し金利が低下すると返済額が減少することです。そして固定金利より金利が低めになっていることなどが挙げられます。次に固定金利と変動金利のデメリットを説明してみましょう。まず固定金利のデメリットですが、景気が鈍化し普通預金の金利がさらに下がったとしてもローンの金利は変わりません。つまり低金利のうま味がないわけです。他にも変動金利よりも金利が高めに設定されていることなどもデメリットとして挙げられます。変動金利のデメリットといえば世間の景気が良くなって、いつの間にか金利が上昇していても、自分の勤めている会社が景気が良いとは限りません。金利上がれど給料上がらず、金利が上がれば上がるほど負担が大きくなるのです。またどのくらい金利が上がるか予測するのは難しいので、将来設計が立てづらいこともデメリットと言えるでしょう。また、変動金利には未払い利息のリスクもあります。好景気などにより金利が上昇した場合に、返済額の利息が拡大して最後には元金の内訳が無くなってしまうことがあるのです。最悪の場合は毎月の利息が返済額をオーバーして、返済額では支払いきれない利息が発生してしまう、なんてことが起こってしまいます。この毎月の返済額を超えた部分の利息が未払い利息と呼ばれています。もう一つの選択肢として、固定金利期間選択型などもあります。これは金融機関と特約を結んだ期間は固定でそのあとは、そのときの金利で変動金利か固定金利を選択するものです。どの金利タイプがよいかは人それぞれですので、詳しくは専門家に相談することをおすすめします。

▲ページトップへ