ローンは満20歳以上であり、安定した収入があれば申し込むことができます。最近は学生向けのローンもあり、大学生、大学院生、専門学校生、短大生向けに融資します。学生は本業が学業なので低収入ではありますが、学生でも借入れができるように学割利率であったり、限度額が一般向けのローンよりも少なめに設定されているため安心して利用できます。学生ローンは学費や引越し費用、旅行、サークル活動費など使途自由です。在学中に完済しなければいけないという決まりがないため、卒業旅行の資金としても利用できます。卒業後も学生利率で返済ができるため、安心です。借入限度額は一般の方と同様に、アルバイト収入の3分の1までになります。複数のローン会社に申し込んだとしても総量規制があるため、3分の1を超えた借入れは原則禁止になります。申し込みには、運転免許証や健康保険証などの身分証明書、学生証、借入れ額が50万円以上になる場合は源泉徴収票など年収を証明する書類が必要になります。学生ローンを申し込んだとしても親や学校に知られることはありません。契約の際に契約者の在籍確認のためにアルバイト先に電話がかかってきますが、個人名で連絡が入るため、ローンを申し込んだことは分からないので安心です。学生ローンはインターネットから申し込み可能なものも多いため、誰にも知られることなく借入れができます。その他にもケータイ、スマートフォン、電話でも受付けているため、お好きな方法で申し込みができます。学生の場合、アルバイト収入が限られてくるため、無理のない返済プランを立てることが大切です。月々の返済額をできるだけ少なくしておき、余裕がある場合は繰り上げ返済をするのもおすすめです。学生ローンは限度額まで何度でも借りれるため、つい何度も引き出してしまいますが、借金がどんどん増えていることには変わりがありません。よく考えた上で利用することが大切です。

▲ページトップへ