• ホーム
  • 豆知識
  • マイホームを購入後に離婚。ローンの返済はどうなるの

結婚してマイホームを購入。しかしその後、離婚することになった場合、住宅ローンの返済はどうなるのでしょうか。三つのケースについてご紹介します。ケース1「二人でそれぞれに住宅ローンを組み、離婚してどちらかが出ていく場合」、その家に住み続ける人に住宅ローンの名義を変更したいところ。この場合、借入先の金融機関からの承諾が必要となりますが、簡単には承諾されません。返済を続ける方に返済を継続できる能力があるかどうか、審査されることになります。その際、事務手数料などの諸費用がかかったり、離婚協議書の提示が必要となる場合もあるため、費用や書類を準備しておきましょう。ケース2「夫名義でローンを借りて購入したが、離婚後元妻が住み続ける場合」、元夫がローンを返済し続ける際には、金融機関との契約の確認をしましょう。住宅ローンは、借りる人本人や家族が住むことを条件として契約しているため、離婚した元妻が住む場合は、この条件を満たさなくなります。その場合、契約書によっては一括返済を求められることもありますが、元夫に返済能力があると判断されれば、返済の継続が認められる場合もあります。ケース3「夫名義でローンを借りて購入し、離婚後、慰謝料代わりに妻に住宅の名義を変更する場合」、金融機関との契約内容に注意が必要です。一般的に、住宅ローンの契約書には、「支払期間中に名義を変更する場合、事前に金融機関の承諾を得なければならない」というような内容が書かれています。承諾を得るのは簡単ではないと思っておきましょう。また、元夫がローン返済中に滞納し、金融機関に抵当権を行使されてしまった場合は、例え住宅の名義が元妻となっていても手放さなければならない場合もあります。ローン返済中に、離婚のため、返済者が出て行く、返済していない人への名義を変更するなどを検討する場合は、まず、事前に金融機関との契約内容を確認しましょう。その上で、どんな選択肢があるのか、最善な方法は何か、弁護士などの専門家の意見を聞くのがよいでしょう。

▲ページトップへ