「急な出費で家計がピンチ」「給料日前なのに冠婚葬祭でお財布がカラ」などお金に困っているときに便利なのがキャッシングですが、ローンには銀行系ローンとノンバンク系ローンの2種類があります。ここでは銀行とノンバンクの違いがどのようなことがについて説明します。銀行系ローンの特徴は、ノンバンク系ローンと比較して金利が低いことです。金利が低く設定されているため、誰でも借入れができるわけではなく、審査が比較的厳しくなります。審査結果が出るまで数日かかることはごく当たり前なので、今すぐお金が必要な人には適していません。ノンバンク系ローンは即日審査・即日振込などお金が手元に入ってくるまでの時間が短く、審査基準が銀行系ローンよりも緩やかなので、比較的楽に借入れができます。欠点は金利が高いため、計画的にできるだけ早めに返済しないと、利息ばかりを支払い元金が減らなくなったり、完済までにかなりの時間がかかってしまうことにもなりかねません。最近、ノンバンク系では無利息キャッシングサービスを行っているローン会社がいくつかあります。無利息キャッシングサービスとは、一定期間利息がかからないサービスで、ローン会社を初めて利用する方が対象になっていることがほとんどです。中には「何度でも無利息」というサービスを提供しているローン会社もあり、せっかく借りるのであれば少しでも返済負担の少ない無利息キャッシングを選ぶ人が増えています。銀行系ローンもノンバンク系ローンも一長一短があり、どちらがメリットが多いかは断言しにくいため、キャッシングの利用目的に応じて使い分けることです。借入れ先機関は、金利、借入れ機関の財務状況、各種サービスを比較して慎重に選んでいくことがおすすめです。どこでお金を借りたとしても、賢く借りて賢く返すことは基本です。任意整理や自己破産など最悪の事態にならないように、計画的な利用を心がけることが重要です。

▲ページトップへ