起業する際の資金や会社運営の資金には金融機関でローンを組む方もいるかもしれません。この時に融資を受ける手段として、不動産担保ローンがあります。不動産担保ローンとは、不動産(ビル、マンションなど)を担保にしてお金を借りるローンのことです。要するにクレジットカードなどは申し込み者の信用をもとにお金を借りるという「無担保」型です。しかし、不動産担保ローンは、その人の信用プラス不動産の価値ももとにしてお金を借りるという形式になります。不動産の価値も含まれるところが主な違いになります。不動産担保ローンは不動産を所有していれば、必ず利用できるかといえばそうではなく、担保価値を評価してそれに相当する範囲内での融資となります。なので、担保価値が低ければ、借りられないこともあるかもしれません。不動産担保ローンは低金利で、借りられる金額が高いことが特徴として挙げられます。不動産ローンの金利は約8%で、無担保で借りるより多少低い審査で高額の融資を受けることが出来るのです。その理由としては、返済不可能となった場合に金融機関としては担保とされていた不動産を売ることによって損害を受けるリスクを減らすことが出来るからです。ここで不動産担保ローンを組む際の借りる側のリスクが浮上してきます。それは「個人再生」ができないという事です。「個人再生」とは自宅を手放すことなく、借金の大幅カットを可能にするものです。自宅を手放さずに住宅ローン以外の借金を大幅に減額できるこの制度は、改正もされさらに強力な制度になりました。実際にもこの制度により助かった人は多くいます。この制度の重要な点は、「住宅を守りながら」という点です。しかし、先ほども言ったように不動産担保ローンを利用するとこの制度は使う事ができません。担保として扱われる不動産(この場合、住宅を指します)は売りに出されることもあるのです。その売りに出された物件を自分の所有物として守るのは、矛盾が生じるためです。不動産担保ローンは低金利で多く借りられると言う点で安心かもしれないですが、住宅を失うリスクが潜んでいることも忘れてはいけません。

▲ページトップへ