今すぐに利用する予定のない土地や、使い道に困っている土地がある場合は、駐車場経営をして収入を得るという選択肢があります。駐車場経営は賃貸住宅経営よりも明らかに建築コスト、修繕費、経営方法などのハードルが低いため、比較的始めやすいビジネスです。駐車場経営なら、少ない資金で始めることができ、失敗したとしてもダメージが少ないのが特徴です。7坪程度の土地があればよいため、サイドビジネスとして成功している人はたくさんいます。駐車場経営を始めるには、その土地が駐車場として適しているかを判断する必要があります。一般的に適していると判断される条件として、車と人の往来が多いこと、住宅地で車が路上にとめられていること、車庫のないアパートやマンションが近くにあること、周辺に集客施設があること、敷地に接する道路の幅が十分で車の出入りが楽なこと、などがあります。これらの条件をすべて満たすことは難しくてもいくつか条件を満たしていれば比較的スムーズに駐車場経営ができます。また、土地の広さ、形、周辺環境を考慮してどんな駐車場にするか検討する必要があります。駐車場の種類には、平面駐車場、立体駐車場、月極駐車場、時間貸し駐車場、日貸し駐車場があります。平面駐車場は初期コストも低く抑えられ、人件費などのコストも抑えられます。とにかくコストが低いほうがよいという人におすすめです。立体駐車場はニーズの高い場所であれば経営効果が高くなりますが、維持費もかかるため本格的な経営が必要です。月極駐車場は借り手をいかにつけるかがポイントになります。空き枠が増えると経営が厳しくなります。時間貸し駐車場と日貸し駐車場はできるだけ利用者が多い場所であることが重要です。場所によって大きく売上が左右されます。駐車場経営で安定した収入を得るには、経験や統計の基づいた調査が必要です。まずは、駐車場経営のノウハウを身につけることが重要です。

▲ページトップへ