職業といってもいろんな業種の仕事があります。正社員なら、ボーナスがある会社もありますが、契約社員や派遣社員、パート、アルバイトとなると時間の切り売り。簡単に稼ぐ為にはWワークも当たり前。でも日々ちょっとしたことで、節約できたらいいですよね。生命保険はもちろん、光熱費のガス、電気、水道、電話代、この辺りを、見直すのが先決です。節約その1、ガスは私が住んでいる地域では、少しお高いのでできるだけ電気を使うように心がけています。ガスコンロでは、余熱調理をしたり、火の通りにくい芋やニンジンなど先にレンジでチンして調理すると料理も早くできるしガス代も抑えることができます。節約その2、今度は電気代が気になるところですが、まずは蛍光灯からLEDライトに変えると電気代がずいぶん変わってきます。自宅にたくさん照明があるところはぜひお試しください。節約その3、冷暖房機器の使用は、エアフィルターは2週間に1度はチェックして汚れていたら洗いましょう。夏場の設定温度は28度以上で設定を心がけ、寝具の素材でクールなカバーを使用するなど、寝る時も快適なグッズを使用することで寝苦しい夜も、快適に過ごせます。また冬場の暖房機器は、石油ストーブとか使うところが多いと思いますが、灯油が高騰しているため今は、電気で暖をとる、ハロゲンヒーターやカーボン、赤外線などのストーブが空気を汚さず、お手軽で経済的に使用できます。ホットカーペットは使用する箇所だけピンポイントで使用すること。他にもいろいろと節約アイテムはありますが、自分の家族環境にあった機器を選んでください。ちょっとしたことで、月々1000円前後は変わってきます。年間で1万円以上違います。また、収入に関して少しでもプラスになる方法。どこかに働きに行くのは一番手っ取り早いですが、すでに、休みの日が全部仕事になるのも大変だし、休みの日や帰宅してからちょっとした時間にプラスになるようなお仕事があればいいと思いませんか。普段はなかなか運動できないので、休みの日散歩がてら、ポスティングのアルバイトなど気分転換にやってみるのもいいかもしれません。くれぐれも、オーバーワークになって身体を壊さない程度に、お仕事しましょう。

▲ページトップへ