会社勤めだと年末調整は会社でしてくれるし、確定申告なんて他人事だと思っている方も多いと思いますが損をしている可能性があります。特定支出控除とは帰宅旅費などの必要経費がある一定額超えた場合に払い過ぎた所得税が戻ってくる制度です。2013年分からこの特定支出控除の見直しがされ、範囲拡大・基判断準が見直されました。自営業の方と同じ様に会社勤めの方も確定申告を行い、必要経費と認められれば払い過ぎた所得税が戻ってくる可能性が高くなりました。具体的に必要経費として対象になるのは、1.通勤費(会社への出勤時、通常かかる費用)、2.転居費(転勤に伴う経費)、3.研修費(仕事に直接必要な知識や技術を得る為の研修)、4.資格取得費(仕事に直接必要な資格を取得する為の費用)、5.帰宅旅費(単身赴任などで勤務地または住まいと自宅との間を行き来する為の費用。上限回数あり。)、6.勤務必要経費(職務上かかる必要経費。上限65万円)です。通勤費や転居費、研修費などを会社側が負担している場合は対象にはなりませんが、ご自身で支払っており、会社側が必要経費と認めれば特定支出として申請でが可能になります。特に単身赴任のサラリーマンで自宅に帰る帰宅旅費を自費で支払っている方は一定額を超える可能性は高いので要確認です。また、「6.勤務必要経費」とは会社勤めに必要なスーツやネクタイの購入代、仕事に必要な本や雑誌、取り引き先への接待費用や交際費などです。特にスーツやネクタイなどは自己負担で支払っている方が大半だと思います。レシートや領収書はしっかりとっておいた方が良いでしょう。また、レシートや領収書などの支払いを証明する書類の他に、勤務先から、直接仕事に必要だと言う証明書を出してもらう必要があります。その他の条件を満たさないといけない場合もあるので会社の担当部署に確認してみましょう。この機会にご自身の必要経費の支払いを見直して節税対策をお勧めします。

▲ページトップへ