• ホーム
  • 体験談
  • 株などによる利益と、特定口座での税金支払いの関係性
株で儲けた利益には税金がかかります。これは株に限った事ではありませんが、所得には大体課税されます。株の値上がりで利益が出た場合や、配当金を受け取った場合は、特別の課税が10%です。ただ、これは2013年12月31日までの暫定措置で、通常は20%課税されます。この特別措置の期間中は、かかる税金が通常の半分ですから、お得感があります。さて、株で利益が出た場合、どうやって税金を払っていくかというと、実はとても簡単で、証券会社が代行してくれるのです。ただし、代行してもらうための手続きが必要で、証券会社に口座を作る際に、「特定口座」「源泉徴収アリ」を選択するのです。これで自動的に納税が行われるので、手間も省け、安心です。もし、「源泉徴収ナシ」をえらんだ場合は、証券会社から送られてくる年間の取引報告書を使って、自分で税務署に出向き、確定申告をすることになります。なぜ「源泉徴収ナシ」という項目があるかというと、サラリーマンの場合、給料以外の所得が20万円以下の場合は非課税となるからなのです。つまり、「株売買益」が20万円を超えない場合は税金がかからないのです。でも、売買益が20万円を超えたら、必ず税務署に行かなければなりません。面倒な手続きがいやだと思う方は、特定口座&源泉徴収アリを選択されることをお勧めします。株で損失が出た場合の節税法として、「損益通算と譲渡損失の繰り越し控除」という方法があります。これは、1月から12月までの間の利益と損失を計算して、最終的に利益が出たのか、損失になったかを算出することです。複数の証券会社を利用し、利益と損失が出ている場合は、この方法で利益と損失を相殺出来ます。ただし、年度末の確定申告期間中に手続きを行う必要があります。それでもさらに損失分が残っていたら、さらに譲渡損失の繰り越し控除という方法があります。その年のマイナス分を向こう3年の利益と相殺できるという制度です。これをやっておけば、そのあと3年は、利益が出ても損失の範囲内であれば税金をとられません。ただ、この場合は毎年確定申告が必要です。

▲ページトップへ