• ホーム
  • 体験談
  • 失業保険の手続きにハローワークに行ったら必ず職業訓練の窓口へ
自己都合で退職したり、会社が倒産して失業したときなどには、雇用保険の手続きや次の就職先探しのためにハローワークに行くことになります。ハローワークでは、次の就職先を探すための情報を提供してくれたり、失業中の生活費として支給される雇用保険の基本手当の支給手続きなどをしてくれますが、すぐに希望する就職先が見つからないこともあります。自己都合退職の場合には、基本手当を受け取れるまでに3ヶ月間の給付制限がありますし、給付期間も短い人では90日間しかありませんので、その間に次の就職先を見つけなければいけないと思うと、焦ってしまう人もいるでしょう。しかし、次の就職先で新しいことにチャレンジしたいとか、今までの経験を生かしてさらに技術を向上させたいという意欲のある人には、職業訓練という制度が用意されていて、無料で技術を習得しながら就職活動を行えるようになっています。この職業訓練を利用すれば、資格なども取りやすくなりますし、どういう技術を身に付けているのか面接でアピールしやすくなりますので、充実した就職活動を行うことができ、就職先も見つかりやすくなります。また、この職業訓練の良いところは、無料で授業が受けられるということだけでなく、基本手当の受給資格がある人であれば、原則として訓練期間中ずっと基本手当が支給されるということです。つまり、本来なら3ヶ月間しか受給資格がなくても、6ヶ月の訓練に参加すれば6ヶ月間基本手当が支給されるのです。ですから、訓練期間中は落ち着いて資格取得や就職活動に専念でき、より条件の良い就職先を見つけやすくなるのです。職業訓練には、数ヶ月から数年まで、様々な期間のものがあり、コースも、建築、デザイン、金属加工、介護など、様々な分野のものが実施されています。それぞれに定員があるので、訓練を受けるには選抜試験に合格する必要がありますが、訓練を受けることによるメリットは非常に大きいので、ハローワークに雇用保険の手続きに訪れた際には、必ず職業訓練の相談窓口にも行くようにしましょう。なお、職業訓練は、雇用保険の基本手当の受給資格がなくても受けられる場合もあり、その場合は基本手当の支給に関する扱いが異なります。制度が複雑な面もあるので、自分で判断せずに、まずは担当の窓口でよく相談してみるようにしましょう。

▲ページトップへ