• ホーム
  • 体験談
  • 収入に対する家賃の割合はどのくらいが適切なのでしょうか
引越しシーズンにともない、新しいマンションやアパートを探している方もいるでしょう。ここで気になるのは、自分の収入に対して、どれくらいの家賃の部屋に住めばいいのだろう、ということですね。一般的に、家賃の相場は、収入に対しての3割〜4割とされています。家賃以外にも生活費や多くの出費があるので、家賃滞納がないようにその範囲に収めるようにしましょう。とはいえ、大企業や上場企業などにお勤めで社宅などが用意されている場合は家賃は必要ない、もしくは少額で済みますね。ですが、そういった福利厚生がない会社に勤めた場合、一般的に収入に対しての家賃の相場とされている収入の3割というのは、生活費と貯金を含めて収入から引かれたものとなります。家賃のみを考慮して賃貸契約を交わしても、契約によっては住んでいるうちに更新料や管理費、町内会費など負担が増えてくる場合もあります。それを含めるとだいたい収入の4割ぐらいが妥当なのではないのでしょうか。さらに車を所有していれば駐車場代やガソリン代などの維持費用、インターネットや携帯電話などの通信費の負担もあります。また、家族が増えて部屋が手狭になってしまう、もしくはやむをえない事情で引越しを余儀なくされることもあるかもしれません。その場合にはもちろん引っ越し費用もかかってきます。一般的な家賃の相場より高めの部屋に住みたい、となったときに、賃貸の場合は一ヶ月の収入が急に落ちても、家賃の値引きはできません。貯金があり当面は大丈夫という人や、生活費を切り詰めてでもその部屋に住みたいということであれば仕方ありません。ですが、もし、少し家賃が高い今の部屋よりももっと広い部屋に引越しを考えている方がいたら、生活環境に伴う生活費をご自分の収入と照らし合わせて、また最寄駅や住環境などさまざまな条件を加味して検討は慎重にしてください。ですが、家賃は安いに越したことがありませんが、設備や立地など条件がいいところの方がいいですよね。自分がどこで妥協できるか、何を第一条件にするかを決めて、素敵なお部屋探しをされてみてくださいね。

▲ページトップへ