• ホーム
  • 体験談
  • 借金癖のある友人との付き合いはどうしたらよいか
クレジット、ローン、キャッシングなどさまざまな言い換えがありますが、どれも借金をしていることには変わりがありません。借金は誰もが望んでするものではなく、最初はお金を借りることに抵抗感や罪悪感があります。しかし、キャッシングやカードローンは本人確認書類があれば気軽にできてしまいます。最近は消費者金融の店頭窓口にわざわざ出向かなくてもインターネットで24時間いつでも申込みできることからも、お金を借りることに対する恐怖感が薄くなりがちです。最初の数回はお金を借りることに罪悪感があるものの、次第に慣れてしまい、限度額までは自分のお金だと本気で思ってしまうこともあります。借金を繰り返しているうちに借金癖がついてしまい、やめられなくなってしまいます。銀行や消費者金融から借入れができなくなると友人や知人を頼る人もいます。もしも、借金癖のある友人にお金を貸してほしいと頼まれたらあなたならどうするでしょうか。「お金を貸してほしい」と言われると、あまり良い気分はしないものです。付き合いが長く、親しい友人であれば断りにくいものですが、お金を貸したくないというのが本音ではないでしょうか。しかも、借金癖というのは一生治らないとも言われています。つまり、その友人にお金を貸すと返ってこない可能性が高いかもしれないのです。大きなリスクを背負ってでもその友人にお金を貸してもよいというのであれば、貸してもかまいません。ほとんどのケースでは、借金癖のある友人との付き合いは疎遠になる傾向があります。類は友を呼ぶという諺があるように、借金癖のある人は借金癖のある人と一緒になったり仲良くなるケースが多いのです。借金癖は簡単に治るものではありません。借金癖のある友人と今後も付き合いを続けていくかどうかはあなたの判断次第です。自身が借金トラブルに巻き込まれないように十分に気をつけることはもちろんですが、冷静に判断する必要があります。

▲ページトップへ