「給料日までちょっとお金が足りない」「予定外の出費が多く、お財布の中身がカラ」「請求書がたくさん届いたけれど支払いが厳しい」というときに何かと便利で役立つサービスと言えば、カードローンやキャッシングです。消費者金融からの借入れは身分証明書や収入証明書があれば、即日融資もできることから今すぐにお金が必要な人のニーズに合っています。気軽に利用できるサービスだからこそ、借金を繰り返してしまい、返済不能に陥ってしまう人が後を絶ちません。借金整理をするには任意整理や民事再生などいくつか方法がありますが、それでも解決できないとなると最終手段である自己破産をすることになります。自己破産とは借金を免除してもらう制度ですが、免除だけでなく、住宅やマイカーなどの財産を差し押さえられてしまいます。借金はゼロになるため、借金地獄から抜け出すことができるのが最大のメリットではありますが、実はデメリットのほうがたくさんあります。そのため、債務整理として自己破産を行う前はメリットとデメリットをよく考慮した上で決断する必要があります。自己破産をするデメリットは、一定の財産を失うことです。自己破産手続きを行うと、債務者は必要最低限の生活費と財産以外はすべて換価して債権者に配当します。つまり、土地や住宅、自動車などの財産はすべて手放すことになります。連帯保証人を付けて契約していた場合は、自己破産手続きをして債務者自身は返済しなくてよくなったとしても連帯保証人に対してはその効力は発揮されません。つまり、連帯保証人には債権者はこれまで通りに借金の取り立てを行うようになり、支払い義務も発生します。つまり、債務者は良くても連帯保証人に多大な損害を与えてしまうことになるのです。その他にも新たな借入れができなかったり、住所の移転や旅行に制限があるなど何かと制約を受けてしまいます。自己破産は借金が帳消しになっても、あまり良いことはないのです。

▲ページトップへ