ギャンブル中毒やパチンコ依存症で悩む日本人はなんと300万人以上もいると言われ、社会問題にもなっています。ギャンブル中毒はWHOでも病気と認められていることから、パチンコにはまってしまうとなかなか抜け出せなくなってしまいます。パチンコ依存症が原因で多額の借金を抱え込んでしまい、夜逃げや自殺をする人もいます。日本社会はパチンコ屋は至るところにあり、早朝から深夜まで営業しているため、いつでも気軽にギャンブルができる環境でもあります。そのため、気軽な気持ちで始めたパチンコが気がついたときには辞められなくなり、依存症になっていたというケースは珍しくありません。「パチンコを辞めたいけれどやめられない」「辞めるにはどうしたらいいのか分からない」「パチンコ依存から抜け出すには精神科に行くとよいのか」などパチンコ依存から抜け出したいのであれば、まずは専門医を訪ねてカウンセリングを受け、症状に合った情報を得ることです。パチンコ依存はアルコール依存やたばこ依存と同様に自分の意思で辞める必要があります。つまり、辞めるという意識をしっかりと持っていないと成功できません。パチンコ依存に陥っている人はパチンコ依存に関する知識を増やすことが大切です。何故依存してしまうのかのメカニズムや、依存することによる経済的なダメージ、家族や友人など周囲の人への影響などを理解することが依存症から抜け出すための第一歩になります。依存症は脳が変化する病気であるため、健康診断を受けてもどこにも異常はありません。しかし、パチンコに依存することで明らかに貴重なお金と時間を浪費してしまい、人生をつまらない方向に導いています。パチンコにのめり込んでしまった理由と、自分自身を見つめ直し、パチンコに行きたくなっても行かないことです。依存症を治すにはそれなりの時間がかかります。しかし、パチンコ依存は克服したほうがずっとマシであることは明白です。

▲ページトップへ