消費者センターに数多く寄せられるキャッシングに関するトラブルの中で、問題視されているのが名義貸しです。名義貸しとは、他人が借入れをする際に自分の名前を貸して消費者金融と契約することです。この名義貸しにはいくつかパターンがあり、一つ目はローンが組めない人の代わりに自分の名前でローンを組むことです。支払いは自分がすると言って信用させ、実際は名義人に代金を支払わせます。二つ目は名義貸しアルバイトです。名義貸しアルバイトとは、消費者金融と契約してカードを作り、そのカードを相手に渡すことです。報酬をしっかりもらえるため、割のいいアルバイトだと思いますが、こちらも名義人に代金を支払わせます。どちらのケースも、名義を借りようとする人は、無職であったり、多重債務者やブラックなど自分ではローンが組めない理由がある人がほとんどです。「名義さえ貸してくれれば迷惑はかけない」「支払いは責任を持ってする」などと言ってくるかもしれませんが、そもそも頼んでくること自体がおかしいことです。名義を貸してしまった場合、借りた人がローンを組めば、支払い請求は名義人のもとに届きます。相手が毎月きちんと支払ってくれている場合はよいですが、返済が遅れた場合はローン会社から請求がきます。ローン会社としては名義人が借りたという認識なので、あくまでも名義人である人にお金を支払うように迫ってきます。親や兄弟、親戚に頼まれた場合は悩んでしまいますが、恋人や友人に頼まれた場合はどんな間柄であったとしてもきっぱりと断ることです。泣き落としされたからといって断れずに貸してしまうのはトラブルの元です。お金が絡むと人間関係は簡単に壊れてしまいますし、信頼関係がどこまで継続するのかは誰にもわかりません。どうしても名義を貸す場合は、万が一のときに借金をすべて背負ってもいいという決意をすることです。名義貸しは基本的に行ってはいけないことなのです。

▲ページトップへ