子供の成長と共に、夢への実現のため専門学校、大学進学など沢山の費用が必要になってきます。親ならば、子供の夢を叶える為への第一歩となるのであれば進学させてあげたいと思う事でしょう。しかし経済的に厳しい。そんな方の為にいくつかの方法があります。まずは、奨学金を利用することです。奨学金は返済義務を借りた子供とし、卒業後、返済スタート。それと同時に金利が発生します。奨学金には、所得制度や成績概要など採用条件があり、定員も決められています。そのため、誰でも利用出来るとは限りません。利用出来たとしても奨学金を受け取ることが出来るのは、進学後になります。毎月定額が支払われる仕組みになっています。そのため、入学金、教材費、前期授業料などは奨学金では支払うことが出来ません。そこで、教育ローンを利用することも考えてみてはどうでしょうか。教育ローンとは、金融機関が教育経費に使用する事を限定したローンです。こちらは、返済義務は、親(借りた本人)にあります。借りた時点で全額借りる事が出来るので、入学金、教材費、授業料などに充てることができます。教育ローンには、国の教育ローンと民間の教育ローンにわけられます。国の教育ローンには、奨学金とは違い成績要件がありません。所得には制限がありますが、学生一人あたり300万円以内で、最低水準金利で利用することができます。借用した翌月から返済開始になりますが、子供が卒業するまでの間は、月々の返済を減らすため、利息だけを支払う元金措置も可能です。民間の教育ローンは、銀行や保険会社など沢山の金融機関が取り扱っています。金融機関により、限度額や条件、返済期間や金利などさまざまなので、自分に合った教育ローンを探してみましょう。ご紹介した、奨学金と教育ローンは併用することが出来ます。授業料には奨学金を最大限に利用し、授業料の不足分や突発的な教育経費には教育ローンを利用するなど、上手く活用していく事により、子供の夢へ近づく道をつくってあげることが出来るのではないでしょうか。

▲ページトップへ