家族計画の一つとして、「マイホーム」の購入を検討する家庭は昔も今も多いものです。人生の中で一番大きな買い物と言える住宅購入は、勇気のいる決断ですがその先には大きな幸せが待っていると思うと夢も膨らみます。住宅購入の際に必ずと言っていいほど住宅ローンを組むものですが、住宅ローン控除というものがあることをご存知でしょうか。住宅ローンを利用して住宅の購入や建築をした場合に一定の条件を満たせば、所得税や住民税で控除が受けられる制度のことです。また、住宅ローンを利用していない場合でも認定長期優良住宅であれば所得税の特別控除を受けることができます。控除額ですが、一般住宅の場合、控除期間10年間で最高控除額200万円、認定住宅であれば控除期間10年間で最高控除額300万円となっています。一時期控除期間を10年か15年で選べたのですが現在は10年間で決められています。また、2014年4月以降消費税が増税されるための負担軽減措置として、控除期間は変わりませんが一般住宅は400万円、認定住宅は500万円まで最高控除額が引き上げられる予定です。控除を受ける際には確定申告が必要となります。所得税から控除しきれなかった金額がある場合、翌年の住民税から一定金額を限度として控除を受けることができます。住民税からの控除額は最高9万7500円と決められていますが、これも2014年4月以降の増税による負担軽減措置として、最高額が13万6500円となる予定です。住宅ローン控除を受ける際に一定の条件を満たすことが必要となりますがその一つとして、新築、購入、増改築してから6ヶ月以内に居住し、その年の年末まで引き続き居住することが必要となるという条件がありますが、転勤等やむを得ない場合であれば控除条件の緩和が適用される場合もあります。大きな買い物であるだけに控除を受けるためには多くの条件を満たすことが必要となりますが、万が一の場合にも救済してくれる措置もあることを把握し、家族の夢である「マイホーム」をぜひ夢ではなく現実のものにしていただきたいものです。

▲ページトップへ