ローンの代表的なものといえば、自動車ローンや住宅ローンなどがありますが、特に住宅ローンは返済期間が長期に渡ることや借入金額が高額であることなどから、返済計画を慎重に立てる必要があります。自動車ローンなど比較的短期のローンであれば、金利の違いにはそれほど神経質になる必要もありませんが、借入期間が数十年にもなる住宅ローンの場合、金利のわずかな違いが月々の支払金額に大きく影響します。普段から取引のある銀行なら、取引状況に応じて金利の優遇などが受けられる場合もあるので、各行の住宅ローンの金利をよく比較して選びましょう。住宅ローンには固定金利型と変動金利型があり、一般的には変動金利型のほうが金利が安く設定されていますが、今後金利が上昇することが予想される場合には固定金利型を選択したほうが賢明といえます。逆に、今後金利が下降することが予想される場合には変動金利型を選択し、金利が上昇局面に入ったときに固定金利型に借り換えるというのが賢い借り方です。また、金利だけでなく、繰り上げ返済や一括返済などの手続きについても銀行によって違いがあり、インターネットで手続きができる場合や、一定の条件で手数料が無料になる場合などもあります。変動金利を選択しているケースで、金利が大幅に上昇しそうな情勢になった場合などには、繰り上げ返済や一括返済をすることで総支払額を大幅に抑えることもできますので、住宅ローンを選ぶ際には、金利だけでなく繰り上げ返済や一括返済に関する条件についても確認するようにしましょう。住宅ローンを組む際には、月々の支払額に少し余裕を持たせておき、支払いと同時に少しずつ繰り上げ返済分を積み立てておくようにすれば、金利が上昇しそうなときに借り換えや一括返済などの対応がしやすくなります。金利や手数料に関することを調べることは当然重要ですが、今後の収入の見込みや景気の動向などを長期的な視点で見極めながら、余裕のある返済計画を立てるということが、住宅ローンを契約する際にもっとも重要なことです。

▲ページトップへ