貸金業法が改正になり、上限金利は20%、借入れ限度額は年収の3分の1までとなったことから、これまで以上に私たちが安心してキャッシングを利用することができるようになりました。とはいえ、上限金利20%はまだまだ高いと感じている人は多いはずです。新たにキャッシングの利用を検討するのであれば、ちょっとでもオトクなカードローン会社を選びたいと誰しも思うものです。そんなときにおすすめなのが、キャッシングのキャンペーンを活用することです。よくあるキャンペーンと言えば、無利息キャッシングです。無利息キャッシングとは、お金を借りた1週間や1か月以内に完済すれば、無利息で返済できるというオトクなキャンペーンです。キャンペーン対象になるには、無利息期間内に一括返済することが必須条件で、返済できなければ無利息期間終了日の翌日から通常の利息が適用されます。つまり、無利息期間内に返済するとメリットがあるということです。キャッシングを利用するのであれば、少しでも低金利の商品を選ぶことは大切ですが、比較的短期間で借入れ・返済が可能であれば無利息キャッシングキャンペーンを活用することがおすすめです。ただし、この無利息キャッシングは、ローン会社の新規顧客獲得のためや、カードローン利用に対する抵抗感を減らすために行われています。無利息キャッシングキャンペーンを利用してお金を借りてしまうと、お金を簡単に借りれることから、キャッシングがやめられなくなり、多重債務に陥ってしまったり、最悪の場合、自己破産することにもなりかねません。自己破産をすると一定期間は新たなローンを組めなくなり、クレジットカードを作れなくなります。信用情報機関にも事故として記録されるため、何かと悪影響が出てきます。キャッシングはキャンペーンを利用することでオトクになり節約もできますが、確実に返済できる範囲で借入れをすることがキャッシングの基本です。

▲ページトップへ