「お給料日前でお財布がピンチ」「急にお金が必要になった」などキャッシングを利用したいときは緊急性が高いことが多く、審査で断られてしまうとお金の工面に困ってしまいます。最近は無利息キャッシングができる消費者金融会社もあり、せっかくであれば少しでもオトクな無利息キャッシングを利用したいものです。ここでは、そんな無利息キャッシングの審査基準について紹介します。審査において最も重要になるのは信用情報です。信用情報によって審査結果のほとんどが決まると言っても過言ではありません。信用情報の審査項目はいくつかありますが、一つ目は毎月、安定した収入がどの程度あるかです。毎月の収入が確実にあり、勤続年数が多い方が有利になります。アルバイトやパートなどで収入が低かったとしても、安定した収入がある場合は借入れができます。勤続年数は最低でも1年以上はあるほうが審査に通りやすくなります。二つ目は事故歴の有無です。過去の他社での借入れ金額、回数、滞納履歴、債務整理などがないか、他社から年収の3分の1以上の借入れがないか、他社で何度借入れを申し込んで断られているか、などを信用機関でチェックします。事故歴があると審査に通らない可能性が高くなります。三つ目は住宅環境と家族構成です。住まいが自宅か賃貸であるか、は審査基準になります。自宅であれば、仮に返済ができなくなった場合に自宅を売却して返済できると考えられるため、審査に通りやすくなります。さらに同居中の家族がいると、その家族が返済することも可能であり、夜逃げの可能性も少なくなることから、審査基準の対象になります。この他にも申請した住所、氏名、電話番号などが正しいか、毎月の支払可能なお金がどの程度あるかも重要になります。簡単に3つ紹介しましたが、これらの項目が問題なければ借入れできる可能性はかなり高くなります。事前に確認した上で申し込みをするとより確実です。

▲ページトップへ