最近よくテレビコマーシャルやローン会社のホームページで無利息キャッシングを見かけますが、無利息になる条件は融資を受けるローン会社によってさまざまです。ローン契約を行う際は、無利息になる条件を確認する必要があります。条件でチェックすべき点は、無利息になる借入れ日数と、回数です。無利息になる条件でよくあるのが、新規の申し込み限定というものです。これは、ローン会社が新規客を増やす目的で行われるキャンペーンで、「初めての方限定で30日間無利息」など無利息期間が長めなのが特徴です。1回の借入れだけという条件なので、少しの期間だけ融資を受けたい場合に適しています。もう一つの条件は「何度でも一定期間無利息」というものです。これは、何度借入れしても無利息という利用者にとってはかなりうれしいサービスで、少額を何度も借りる人に適しています。ローン会社側は新規客を獲得後、継続的な利用をしてくれる顧客を増やすことで必死になっています。何度でも無利息キャッシングの場合、無利息期間が1週間など比較的短くなるため、必然的に借りる回数が増えることになります。しかし、無利息キャッシングサービスを行うと、ローン会社の利益は無しということになります。本来は、借入れ開始から利息が発生するため、会社としてはデメリットになります。しかし、無利息キャッシングサービスを行うローン会社は増えています。これは、ローン会社はどこも利用者が飽和状態で、新規顧客を何としてでも獲得したいために、あの手この手で思索しているからです。いかに自分のローン会社で契約してもらうかを考えた結果、無利息キャッシングが効果的と判断したからなのです。無利息キャッシングは新規獲得に効果テキメンであり、サービスを適用しているローン会社は多くの顧客を集めています。利用者の私たちとしてもメリットが多いことから、無利息キャッシングサービスを選ぶ人が増えています。

▲ページトップへ