留学、ホームステイ、旅行、赴任などで海外に滞在することがありますが、現地で現金を持ち歩くのは危険と言われています。海外では日本とは異なり、現金を持ち歩く習慣があまりありません。最低限の現金を持ち歩き、後はクレジットカードを使うのが一般的です。海外は日本よりもカード社会で、クレジットカード利用率が高いため、キャッシング利用者もたくさんいます。日本のように無利息キャッシングサービスやキャンペーンを行わなくても、顧客を確保できるため、無利息キャッシングはありません。海外滞在中に現金が足りなくなったとき、日本のようにいたるところに銀行や提携ATMがあるわけではないため、不便に感じてしまうことがあります。そこで、海外で便利に使えるのがキャッシングということになります。海外でのキャッシングは世界主要都市の空港や銀行のATMで国内と同じATM操作ですぐに現地通貨を引き出すことができます。現地通貨なので、わざわざ両替やTC購入をする必要もなく、手間がかかりません。返済は、国内でのキャッシングサービス利用と同様に、カード代金の支払口座から利息分を合わせて引落しになります。返済が遅くなると利息が付いてしまうため、できるだけ早めに返済することで負担を少なくすることができます。利用の際は、カードの裏面にあるロゴと同じロゴマークがあるATMであるかを確認します。渡航前に、現地で利用可能なATMを調べておくとスムーズです。海外では、スキミングによる個人情報を抜き出す犯罪が後を絶ちません。そのため、クレジットカードは不確かな場所で使用しないことがスキミング対策になります。また、海外キャッシングが便利だからといって無計画に使ってしまうと、支払いが滞ってしまったり、返済ができなくなってしまいます。キャッシングは、返済プランを立てた上で利用するのが基本です。海外キャッシングでも同様に計画的な利用を心がけることが大切です。

▲ページトップへ