最近、無利息キャッシングサービスがあるキャッシング会社が増えています。利用者の方も「何度でも」「無利息」というサービスを比較し、借り入れするキャッシング会社を選ぶ人が増えています。一方、貸す側は、上限金利の引き下げや過払い金返還、そして改正貸金業法の総量規制などにより、経営環境も激変し、大手キャッシング会社でさえ倒産する時代になっています。急にキャッシング会社が倒産してしまったらいったいどうなるのでしょうか。利用しているキャッシング会社が倒産したら、返す相手がいなくなるわけですから、借金はチャラになるのでは、と期待してしまうと思いますが、残念ながらその逆に取り立てがより厳重になります。会社の倒産後はその借金を少しでも減らすために会社ごと別会社に売り払われて業務は引継がれます。貸し手は少しでも会社を安定させようと資金回収をより徹底し、身ぐるみを剥いででも回収をしようするのです。無利息キャッシングの利用者に注意して欲しいのは、無利息期間中に倒産したからといって新しい会社が引継ぐまで無利息期間が続いたりしないということです。返済したくても連絡が取れなかった場合などを除き、始めに交した契約内容はそのまま引継がれます。利息の有無に関わらず、利用している会社が倒産しようが返済はそれまで通りということになります。また、過払い金が発生しそうな人、発生して回収しようとしている人は、一番注意しなければなりません。倒産後に民事再生が宣言された場合、その後に過払い金の返還請求をしても倒産会社の多くは債務超過に陥っているため、全て戻ってくることはまずないのです。たった3%ほどしか回収できない場合も多くあるのです。このように利用中のキャッシング会社が倒産してしまった場合、借り入れ側に、悪いことはあっても良いことは一つもありません。このようなことのないよう倒産が分かり次第、早めに相談、申請しておくことが大切です。

▲ページトップへ