A社から20万円、B社から30万円、C社から50万円と、複数の消費者金融会社から借入れをしていると返済日がバラバラであることから、うっかり入金し忘れてしまうなど返済そのものが複雑になってしまいやすくなります。しかも、消費者金融会社によって毎月の金利がバラバラなため、どんなに一生懸命に返済し続けたとしても、毎月の利息分だけを返済し、元金が減らないままということにもなりかねません。そんなときにおすすめなのがキャッシング一本化です。キャッシング一本化とは、複数の消費者金融機関で借り入れしているものを一つにまとめることです。キャッシング一本化はメリットがたくさんありますが、デメリットもあります。ここではキャッシング一本化のメリット・デメリットについて説明します。メリットは何と言っても、返済管理がしやすくなることです。毎月どれだけ返済すればいいか一目瞭然なので、お財布事情の把握が楽になります。さらに、一本化することで金利が低くなることがあり、総量規制の対象外になります。デメリットは、返済期間が長くなることです。返済額がこれまでよりも少なくなったとしても返済総額が減るわけではありません。多額の借金を数年かけて返済していくには根気が必要になります。また、キャッシング一本化をする際に審査があります。この審査は借入れの審査よりも基準が厳しいため、必ずしも通るとは限りません。過去に延滞などの事故歴があったり、借り入れ件数が5件以上あると審査が通りにくくなります。借入れ件数が5件以上ある場合は、件数を減らした上でキャッシング一本化を申し込むほうがおすすめです。他にも、一本化することで完済した消費者金融から「融資枠を増額できます」「利息を低くします」などという電話がかかってくることがあります。この甘い言葉につられてしまい、お金を借りてしまうこともあります。キャッシング一本化は借金が減ったと錯覚しがちなので注意が必要です。

▲ページトップへ