「給料日前なのに出費がかさんでピンチ」「急な冠婚葬祭が続いて、お金が必要になった」など、予期しない出費でお金が足りなくなることはよくあることです。そんなときに便利なのがカードローンやキャッシングです。最近は、無利息キャッシングキャンペーンを行っている消費者金融会社もあり、せっかく借入れをするのであれば無利息キャッシングサービスを利用する人が増えています。カードローンの限度額は10万円から800万円まで、金融商品によってさまざまです。ちょっとだけ借りたい人向きのローンであれば限度額10万円や30万円が多く、たくさん借りられないことから返済の負担も少なくなります。多くの商品は最高限度額300万円・500万円・800万円と種類がありますが、一般的に限度額が大きいほうが金利が低くなります。複数の消費者金融会社から借入れをするよりも、一社でまとめて借りたほうが金利負担が少なく、返済のための移動やスケジュール管理の手間が省けます。限度額は多い方がいいのかと思いがちですが、多ければ多いほどいいというわけではありません。キャッシングの借入れは年収の3分の1と法律で決められています。キャッシング申し込みの際は最高限度額まで借入れできる権利を誰しも持っていますが、審査によって融資できる金額が決定します。初めてのキャッシングでは限度額いっぱいを借り入れることはできません。限度額いっぱいまで借りるには、滞納しないこと、過去の完済経験、収入などで可能になります。限度額が多いと金利が低くなるため、よりオトクなカードローンを選ぶために、限度額の多い商品を選ぶのは賢い選択と言えます。開業やお店を開くなどビジネス目的で融資を申し込む場合は、返済計画がしっかりしていることをローン会社にアピールすることで、限度額に近い金額で融資を受けられることもあります。申し込みの際に消費者金融会社に相談してみるのもおすすめです。

▲ページトップへ