キャッシングサービスを利用したことがない人でも「ブラックリスト」という言葉を一度は聞いたことがあると思いますが、ブラックリストとはそもそも何でしょうか。ブラックリストというと、「汚点」「お金のトラブルがあった人」「社会的な信用がなくなった」などマイナスイメージが強いですが、実はブラックリストと呼ばれるリストは存在していません。通常、クレジットカードを作ったり、何かしらのローンを組んだ場合、信用情報機関に顧客情報が登録されます。信用情報機関には、顧客の住所、氏名、電話番号、口座番号など基本的な情報と、借り入れ件数、返済状況、延滞状況、破産や債務整理などの事故情報が登録されます。特に借入れ状況と返済状況に関しては細かく登録されることから、事故情報のことを「ブラック情報」、「ブラックリスト」と呼ぶようになりました。つまり、リストとしてではなく、事故情報として登録されていることを「ブラックに載った」と表現します。どんな場合にブラック情報に載るかというと、約定返済日より一定期間返済が遅れた場合や、3回以上延滞した場合、民事再生・任意整理・自己破産などの債務整理を行った場合、契約者の返済不能により、連帯保証人が代位弁済をする場合で、事故として詳細情報を記録されてしまいます。この他にも、1か月に3社以上でクレジットカードやカードローンの申請をすると、事故歴がなかったとしても、申請回数と状況は信用情報に記録されるため、「借り回し」と見なされ、審査が通らないことがあります。所謂、「申込みブラック」状態になります。「申込みブラック」は3か月から6か月程度情報が記録されるため、その間は審査に通らない可能性が高くなります。信用情報は複数の信用機関で情報を共有しています。そのため、事故歴があると、どこの金融機関でも融資を受けられない状況に陥ることがあります。お金は借りたら返済期日までに返すのが基本なのです。

▲ページトップへ