「手持ちのお金が少なくなって急な出費に困った」「お給料日前に支払いが重なり、ピンチ」などお金がなくて困っているときに便利なのがカードローンです。カードローンは即日審査・即日振込可能なことが多く、ローン会社によっては一定期間無利息キャッシングサービスが利用できることもあり、すぐにお金が必要な人にとっては便利でありがたい存在であることは間違いありません。ほとんどのローン会社は安定した収入があり、満20歳以上65歳以下であれば、信用情報に重大な事故歴がない限りは融資を受けることができます。そんな便利なカードローンですが、カードを無くしてしまったときは迅速な対応が必要です。カードを無くしたら、悪用されないようにカード会社の緊急連絡先に電話をかけ、カードを紛失したことを知らせます。すぐにカードを停止してもらい、使えないようにすることです。カード会社に連絡したら、最寄りの警察署か交番に紛失届を提出します。カードの再発行は、カード会社の指示に従って発行手続きを行います。再発行手数料はカード会社によって異なります。ほとんどのカードローン会社では、インターネット上でもカード紛失・盗難の連絡ができるため、無くしてしまったことに気がついたらできるだけ早くカード会社に連絡することが大切です。カードを無くしたら、不安になって心が落ち着かないものです。日頃から気をつけることは、あらかじめ決めた場所にしっかりと保管し、定期的にきちんと保管されているかをチェックすることです。保管する場所をできるだけ変えないようにすることで無くしてしまう可能性が少なくなります。また、万が一無くしてしまった場合でもすぐに対応できるようにカード会社の緊急連絡先をメモして無くさないように保管しておくことです。暗証番号は生年月日や郵便番号などすぐに判明しやすい数字を使わないことも大切です。ちょっとした工夫でカードを無くす確率を減らすことができます。

▲ページトップへ