お金を借りるために融資限度額の多いカードローン会社を選んで申し込んだにも関わらず、割り当てられた融資可能限度額が少なかったという経験をしたことがある人は多いものです。ローン会社のホームページや広告に、最大限度額300万円や500万円とあるため、限度額まで借りることができると思ってしまいがちですが、誰もがその額を借りられるというわけではありません。申し込み時には誰しも最大限度額まで借入れできる権利は持っているものの、契約希望者の年収、年齢、属性、過去の事故歴、他社の借入れ状況などによって融資限度額はひとりひとり異なります。初めてローンを利用する場合は、最大限度額まで借りれることはありません。最初は融資限度額が少ないですが、決して諦める必要はありません。限度額を増額するには、新規借り入れから問題なく返済をすることです。延滞なく返済し続けていればローン会社にもよりますが、早くても半年くらいで増額ができるようになります。ローン会社としても、契約時には特に問題がなくても返済が遅れがちな契約者も多いため、「返済能力があるのか」「きちんと返済する人なのか」をチェックしています。問題ないと判断されたら、ローン会社から電話で増額可能のお知らせがある場合もありますし、自動的に増額になることもあります。きちんと返済し続けていたとしても、一度でも延滞してしまうと「優良顧客」にはならないため、増額を依頼しても却下されてしまいます。消費者金融会社のカードローンは担保や保証人不要で契約できるため、お金をきっちりと返済することが最も重要になります。また、現在の借入金額が年収のどの程度になっているかもチェックする必要があります。年収の3分の1しか借り入れができないため、すでに借入額がある人は、希望額を追加で借り入れできない場合があります。年収の3分の1以上の金額を借りるために増額依頼をしても却下されるので注意が必要です。

▲ページトップへ