カードローンやキャッシングは返済日を守って計画的に返済していくことはとても重要なことであり、当たり前のことです。お金は借りたら返すのは当然のことです。本来は許されないことではありますが、忙しい毎日を送っているとつい返済期日を忘れてしまったり、急な出費で返済用に準備していたお金を使ってしまうなど、何かしらの理由で返済日に入金できなかったということがあります。返済日までに確実に入金するのが理想ではありますが、返済日に間に合わなかったらどうすればいいのかここでは紹介します。事前に支払い期日までに入金できないことが分かっている場合は、まずは借入れをしているローン会社に連絡することです。なぜ入金できないのか理由を説明し、何日であれば入金できるかを伝えます。初めて入金できないのであれば、場合によっては返済を待ってもらえる可能性が高くなります。しかし、考慮してもらったとしても遅延であることには変わりがありません。そのため、遅延損害金は発生しますし、信用機関には事故として記録されます。もしも、事前連絡を入れることなく返済期日までに入金しなかった場合、貸し手との信頼関係を裏切ってしまうことになり、決して許されることではありません。連絡しないで遅延するとある程度の措置を取られても何も文句は言えませんし、信用機関に記録が残るため、今後借入れを申し込む際に影響が出る可能性が高くなります。最悪の場合、追加の融資は受けられないだけでなく、他社でも借入れができなくなります。そうならないためには、返済日までに必ず入金することです。借入れの際は確実に返済できる金額だけ融資を受けて、具体的な返済プランを立てておくことが大切です。返済期日までに入金し続けることで信用度もアップし、借り入れ限度額もアップするため、融資が受けやすくなります。「ご利用は計画的に」という言葉通り、余裕をもった返済プランを立てましょう。

▲ページトップへ