• ホーム
  • まとめ
  • 無利息キャッシング利用者のきっかけと特徴について
無利息キャッシングは、初回契約のみ無利息であるパターンと、完済していれば何度でも無利息という2パターンがあります。最近では何度でも30日間無利息という業者も出てきています。そもそも消費者金融は、無利息キャッシングで初回契約させて顧客を増やすことを目的にしているので、無利息期間の長さで他社と差別化を図り、契約者の増加を狙っているわけです。何度でも無利息というサービスは、少しの借り入れを定期的にする人にとっては非常に便利です。例えば、30日間無利息のキャッシングを計画的に活用することで、実質永遠に無利息で誰に気を使うわけでもなくお金が借りれるわけです。しかし、こういった何度でも無利息というサービスを賢く活用できる人はほんの一握りなのです。金融業者側も借り入れをする側が何日以内ならば何%の人が無利息期間で返済するなど、統計的なデータを元に確実に利益につながる範囲で無利息条件を提示しています。先述したような賢く活用できる人は、何度でも無利息という条件が出せる程少ないと思って良いでしょう。初めて借りる人は皆、無利息期間に必ず返済できるという自信があり、無利息期間が終わる頃になると、今度は無利息だったのだから延長して多少利息を支払っても構わないと思い始めるのです。そして、また新しい無利息キャッシングが可能な消費者金融を探し、繰り返します。その結果、多数の業者と契約してしまうパターンもあり、初めは無利息キャッシングへの依存から始まり、最終的には多重債務や自己破産をしてしまうパターンも少なくありません。この自己破産する利用者のケース以外にも、初めて無利息キャッシングを利用し、あまり抵抗がないまま無利息期間が終わったあとに返済して、その後大きな借り入れで損もすることもありませんが、そこでキャッシング癖がついてしまい、消費者金融の思惑通りになってしまう人がほとんどです。無利息キャッシングは、利用する前に借入れと返済計画をしっかり立てることが大切です。

▲ページトップへ