無利息キャッシングの一番のメリットは、やはり無利息期間内に返済すれば、金利がつかないという点です。銀行口座からお金を下ろして、預け入れするのと同じことになるので、とても便利で損することがありません。初めてキャッシングときは、借り方や審査など何かと不安になりますし、どこの金融会社も金利は表示しているものの、金利の計算方法は複雑なので自分で把握することは難しく、どのくらい金利がかかってくるのか良く分からず心配になることが多いようです。初めから有利子ではなく無利息であれば、初めてキャッシングする人でも一定期間内に返済すれば金利のことは考えなく良いため、申し込みやすくなります。また、無利息である期間が30日という消費者金融もあり、期間内に確実に返せるあてがあるのであれば、利用者にとっては本当に便利です。しかし、無利息キャッシングは金融会社からの借入には変わりなく、もちろんデメリットもあります。一番怖いのが金銭感覚が麻痺しやすくなることです。無利息キャッシングに慣れてしまい借入感覚がなくなり、ついお金を使いすぎてしまったり、無駄使いも多くなります。また、無利息で何度も借りれるところになると、気軽にお金を借りてしまい、自分でも気づかないうちに収入と支出の計画性なくなっていくのです。無利息でしか借入れしないと決めていても一度カードを持ってしまうと何かあったときに計画性がないまま使ってしまうかもしれません。無利息キャッシングサービスを行っている金融会社は、新規契約時の一回のみなので、次回から利息が発生します。無利息だからと契約し、気づいたときには有利子で借りる常連になっているというケースがほとんどで、金融会社側も無利息で顧客を増やし、いつでも有利子で借りれる状態を作っているのです。無利息利息が少しでもつくのであれば、慎重に借入しようとしますが最大のメリットである無利息が最大のデメリットになってしまうケースもあるのです。

▲ページトップへ