ローンを組むには、安定した収入があることが条件となりますので、学生の間はローンを組むことがなかなか難しいですが、就職して一定の収入が安定して得られるようになると、ローンを組むことも可能になってきます。収入があっても、勤続年数など様々な条件によってローン審査に通らなかったり、保証人などの条件が付けられたりすることがありますが、社会人として責任感のある生活を続けていけば、あなたの社会的信用が上がっていき、ローンの審査にも通りやすくなってきます。学生から社会人になると、一人前の大人として周囲から扱われるようになり、お金や時間の使い方など、自由になることも多くなります。しかし、その反面、自分の行動に自分で責任を持たなければいけないという厳しい現実も待ち受けています。欲しいものがあれば、自分でローンを組んで購入するということも可能になりますが、その返済計画も自分で立てなければいけません。返済計画を立てるには、将来の自分の収入の状況やライフスタイルなども予測しなければいけませんし、不意の出費などに備えるための計画も同時に立てておく必要があります。しかし、就職したばかりで社会人経験が浅い時期にそういった未来の予測をすることはなかなか難しいものですので、ローンの返済計画を立てるときには、親や先輩などの身近な人に相談してみることをおすすめします。また、ローンは便利なものである反面、トラブルをかかえる原因になってしまうことがあるのも事実です。勤めている会社の倒産によって収入が激減してしまったり、転勤によって出費が予想以上に増えてしまったりと、人生には予期せぬ事態が待ち構えていることもあります。そういった予期せぬ事態に遭遇しても慌てないよう、返済計画には余裕を持たせておくことが必要で、そのためには周りの人の意見を参考にするのが一番です。特に、高額商品を購入するときは気持ちが高揚していて、マイナスのことはあまり考えないようになってしまうものなので、ローンで失敗した人の話を聞いて現実をしっかり見つめた上で返済計画を立てるように心がけることで、ローンによるトラブルを遠ざけることができます。社会人になると、自動車ローンや住宅ローンなど、様々なローンを利用する機会が増えますので、就職したらローンのことも少しずつ勉強しておくようにしましょう。

▲ページトップへ