夢のマイホームを手に入れるためには、たいていの人が住宅ローンを組むことになるでしょう。頭金を多く入れたり、繰り上げ返済をして返済の負担を減らす努力をしたとしても何年間かもしくは、何十年かのローンを組むことになるのは避けられません。銀行やその他の金融機関から融資してもらった額を返済していくわけですが、その金額のまま返済していくことができないのが辛いところです。それは、金利があるからです。この金利に沿って返済の金額が増えたり、減ったりするのですから気にならない人はいないでしょう。金利が安ければ言うことはありませんが、当然高いこともあり得ます。住宅ローンの金利は、固定金利と、変動金利というものがあります。この二つの違いはその名の通り、固定の金利なのか、変動の金利なのかの違いです。固定金利は変更がないので、その時の情勢などに影響を受けることはありません。ずっと変わらず同じ金利で返済をしていけばいいのです。一方変動金利はその時の情勢によって影響を受けますので、安くなったり、高くなったりと変動するのです。ずっと安い金利で推移していくならいいのですが、その保証はありません。ですので、高くなれば高くなった分の返済が必要となるわけです。では、金利の予想をすることができればいいと考える人も少なくないのではないでしょうか。今の時期の金利が安いから今の時期に契約をすればいいとか、今の時期の金利は高いから今はやめておこうなどです。そうした予想ははたして素人で判断できるのでしょうか。住宅ローンの金利のグラフの推移を見てみると上下変動が激しいことがわかります。そうした変動にいち早く気づいたり、予想したりりというのは難しいのです。素人判断で決断するよりは、信頼できる専門家に相談してみることが一番大事だと思います。専門家であれば、ある程度の予想はつくかもしれませんし、他にも今後の情勢の変化や、助成制度の変化などそうした情報も豊富にもっています。金利だけでなく、有利にお得に住宅を購入する方法を一緒に考えてくれるでしょう。

▲ページトップへ