• ホーム
  • まとめ
  • ローンと上手に付き合えばあなたの生活もハッピーに

『欲しい商品があるけど、手持ちのお金がない』というときに、あなたならどうしますか。選択肢としては、我慢して貯金をして買う、親からお金を借りて買う、ローンを組んで買うなどが考えられます。貯金をして買うのは賢い方法ですが、お金が貯まるまで買うのを我慢する必要があります。親からお金を借りるのも、リスクは少ない方法といえますが、本当に必要なお金であることを説明して説得する必要がありますし、親になるべく迷惑をかけたくないという人もいるでしょう。ローンを組んで買うという方法であれば、月々の支払いをきちんと行う義務が発生しますが、ローンの審査さえ通過すればすぐに欲しい商品を手に入れることができます。ローンの審査で保証人が必要となった場合には、保証人となってもらう人に手間を取らせてしまうことにはなりますが、月々の支払いをきちんと行っていれば誰にも迷惑をかけることもありません。欲しい商品を欲しいときにすぐ手に入れることができるので、活き活きとした毎日を送ることができます。また、月々の返済義務が発生することで責任感が生まれ、生活に張りを持たせることができます。ローンを組むことに多少抵抗がある人もいるかもしれませんが、無理のない返済額のローンは、あなたの生活を豊かにし、仕事にやりがいを感じることにもつながります。また、ローンの審査を受けるということは、あなたの社会的信用が審査されるということでもありますので、日々の生活にも責任感や緊張感が生まれ、充実した毎日が送れるようになります。ローンを賢く利用することで、あなたの生活をより豊かなものにしていくことができるのです。なお、ローンの保証人には、『保証人』と『連帯保証人』があり、この二つはまったく意味の違うものなので注意が必要です。『保証人』の場合はあなたが返済できないときに返済の義務が発生しますが、『連帯保証人』の場合はあなたと同等の返済義務があるので、最初から『連帯保証人』に返済の請求が行く場合もあり得ます。『連帯保証人』をお願いする相手は、特別な事情がない限り親などに限定したほうがよいでしょう。

▲ページトップへ