昨今の金融危機により、世界中の多くの人がマネー症候群に悩まされています。これは、金銭上の心配に起因するストレスを抱える人の身体的・心理的症状を指す言葉であり、実に様々な症状が見られています。たとえ物が豊富であっても、お金の心配は消えず、お金にかかわる不安に悩まされる人は少なくありません。中にはローンの返済のために別のローンを組んだりする人もいます。私たちは不安定な世界経済から自分がどれほど影響を受けているか考えてみるのは大切かもしれません。ローンにも色々なものがあります。例えば、住宅ローン、自動車ローン、教育ローンなどの目的別ローン、さらには資金使途を限定しないフリーローン、カードローンがありますが、住宅ローン以外のほとんどは無担保ローンになっています。ここではまず無担保ローンについて取り上げます。無担保ローンとはなんでしょう。これは、ローンを借入れ条件として担保提供が必要ないローンのことを言います。人間が作り出す物にはたいていメリット・デメリットがあるものですが、この無担保ローンにももちろんあります。担保を提供する必要がないので借りやすい、これはメリットです。しかし、有担保ローンと比較するなら、金利が高い・融資限度額は小さい・最長返済期間は短いなどデメリットもしっかり考えなくてはなりません。ローンを組んだものの、不安定な世界経済からくる失業など様々な理由で払えなくなり、結局問題を抱え、ストレスを感じている人は多いのではないでしょうか。お金をコントロールするか、それともお金の奴隷になり、つながれた状態になるか、それは一人一人が負債を抱え込んで結局つらい思いをする前に、前もってよく考えておく必要があるということではないでしょうか。何かの計画を立てるとき、少し立ち止まってゆっくり慎重に検討してみましょう。ある程度の基本的なものが備わっているなら、それ以上望むのは賢明でしょうか。必要なものと欲しいものとの違いを見定めることは大事です。よい計画を立て、様々な知識を得て、それに基づいてよい判断力を働かせ、たとえローンを組まなければならないとしても手ごろな利率のものを選ぶなど、賢くあるなら結果的に幸せになれるのではないでしょうか。

▲ページトップへ