無利息でキャッシングするには

無利息でキャッシングを利用するために事前に知っておきたい情報を紹介してい ます。

どうしてもお金に困ってしまった時にキャッシングサービスを利用する方は多い と思います。しかしどうしても利息が気になるもの。ここでは無利息でキャシン グを利用できる上手な使い方を紹介します。

無利息キャッシングとは?

キャッシングは日本では10人に1人以上の1000万人以上が利用しており、借りる際も返す際もほとんど手間がかからないような便利なサービスになっています。そんなキャッシングの最大のデメリットは利息です。そこで、キャッシングの初心者向けに、最初は無利息でお金を貸してくれるキャッシング会社がありますのでぜひそこを利用しましょう。

ただし、すべてのサービスが無利息になるわけではありません。しっかりと下調べを行い、自分に合ったサービスを選ぶのがとても重要です。WEBで調べれば情報は出てきますが、逆に情報が多すぎて、自分に必要な情報から順番に見ていけるサイトは少ないと思います。ぜひ当サイトで、キャッシングマニアと呼べるような知識を得てください。

無利息キャッシングのポイント

キャッシングとは?

キャッシングは、日本では人口の一割にあたる約1200万人が利用しています。CMなどの広告も多く見かけますので、特に違和感のある数字ではないのではないでしょうか。とても身近なサービスで、有名なサービスはメガバンクと提携したりしていますので、信用度という意味でも全く問題ありません。また、キャッシングの利用者はさまざまな法律により守られておりますので、ドラマで出てくるような過激な取り立てはできません。そのようなイメージは、いわゆる行政の許可を得ないで営業している闇金のもので、正しく許可を得て法律を守りながら営業しているキャッシングサービスとは全く別のものです。

なぜ無利息?

無利息キャッシングは、言ってみればキャッシングのお試しセットです。なので、大金を長期間何度も無利息で借りることはできません。しかし、お試しセットにしては良い作りになっているのが無利息キャッシングの特徴です。これを使わない手はありません。使わないと損します。

返済のタイミング

まず考えないといけないことは、どれくらいの期間キャッシングを利用するのかということです。無利息キャッシングは、ある一定以上の期間を超えると通常の金利がかかってしまいますので、なるべく利用期間を短めにすることで、無利息キャッシングを上手に使うことができます。

上手な使い方を!

無利息キャッシングは計画的に利用することが大切です。

注意点

無利息キャッシングをするにあたってもっとも注意するべき点は、無利息だからといってあまり必要でないお金を借りないことです。無利息とはいえ、目的もなくキャッシングを繰り返す癖がつくのは避けなければなりません。あくまでも、必要なお金を、必要な分だけキャッシングするのが大切です。

無利息キャッシング3社比較

無利息キャッシングを行っているのは、大手ではプロミス・新生銀行カードローン 新生銀行カードローン レイク・アコムの3社になります。各社ともに、一定期間内に返済すれば、利息を1円も払わずに済みます。この場合、審査が厳しくなったり、時間がかかったりすることもなく、自動でつけてもらえるサービスになります。

  • 30日間無利息
  • 選べる無利息
  • 何度でも無利息

30日間無利息

プロミス

SMBCコンシューマーファイナンス
プロミス

オススメポイント!
初めてなら30日間無利息※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
安心の低金利!

オススメ

選べる無利息

新生銀行カードローン レイク

新生銀行
新生銀行カードローン
レイク

オススメポイント!
無利息期間が選べる!
スマホだけで契約が出来る

最大30日間無利息

アコム

三菱UFJフィナンシャル・グループ
アコム

オススメポイント!
はじめてなら最大30日間無利息
審査回答まで最短30分

プロミスをオススメする理由は?

プロミスは30日間無利息(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)、延長した場合の低金利に加え、業界最大手であるという安心感があり、多くの利用者から高い満足度を獲得しています。長い歴史で培われたノウハウによる、わかりやすい手続きには定評があります。

申込はこちら

プロミス

キャッシング人気ランキング

当サイトの運営チームが、経験や利用者の方々からの感想・評価を元に独自に発表しているランキングになります。特に、キャッシングを初めて利用される方の場合は、こちらを参考にされるとわかりやすいと思います。

人気ランキング

  1. プロミス無利息!
    スピードも自慢
  2. アコム
    三菱UFJグループ
  3. モビット
    大人のキャッシング
  4. 新生銀行カードローン
    レイク
  5. ノーローン

注目度ランキング

  1. ノーローン無利息!
    その名の通り無利息
  2. モビット
    大人のキャッシング
  3. プロミス無利息!
    スピードも自慢
  4. 楽天銀行スーパーローン
  5. アコム

満足度ランキング

  1. プロミス無利息!
    スピードも自慢
  2. ノーローン無利息!
    その名の通り無利息
  3. アコム
    三菱UFJグループ
  4. 新生銀行カードローン
    レイク
  5. モビット

低金利ランキング

  1. プロミス無利息!
    スピードも自慢
  2. アコム
    三菱UFJグループ
  3. モビット
    大人のキャッシング
  4. 新生銀行カードローン
    レイク
  5. ノーローン

無利息で借りられる6つの公的な融資

おカネがなくて困っているけれど、周りに援助してくれそうな人はいない。仕方がないから、テレビCMでよくみる消費者金融にでも相談してみようか……なんて考えている方、本当に他の選択肢はありませんか?

将来きちんと返済できることが見込まれれば、生活費や住居費、教育費などを公的な機関から借りることができます。なかには、無利息のものもあります。ここでは『無利息で借りられる公的な融資』を6つご紹介します。

(1)福祉資金・教育支援資金

社会福祉協議会による、低所得世帯、障害者や介護を要する高齢者のいる世帯向け貸付制度です。返済ができると見込まれた世帯が対象となり、利用目的に応じた貸付が行われます。お住まいの地域により若干の違いはあると思われますが、ここでは東京都の制度の概要についてみていきます。

対象

  • 低所得世帯、障害者世帯、高齢者世帯のいずれかである。
  • 日常生活には困っていないが、目的があって資金を必要としている。
  • 返済の見込みが立てられる。
  • 貸付を受けようとする都道府県に、住民票住所(現住所と一致)がある。
  • 社会福祉協議会の他の貸付制度の連帯保証人またはその世帯員ではない。
  • 暴力団員のいる世帯ではない。

賃金の種類

  目的 上限額の目安 返済期間
福祉資金 出産・葬祭に必要な経費 50万円 3年以内
住居の移転等に必要な経費 50万円 3年以内
障害者用自動車の購入に必要な経費 250万円 8年以内
住宅の増改築、補修等に必要な経費 250万円 7年以内
福祉用具等の購入に必要な経費 170万円 8年以内
負傷又は疾病の療養に必要な経費 170万円 5年以内
介護サービス、障害者サービス等を受けるのに必要な経費 170万円 5年以内
災害を受けたことにより臨時に必要となる経費 150万円 7年以内
中国残留邦人等にかかる国民年金保険料の追納に必要な経費 5,136,000円 10年以内
就職の支度に必要な経費 50万円 3年以内
生業を営むために必要な経費
※自己資金等、一定の要件あり。  
低所得世帯:280万円  7年以内
障害者世帯:460万円  9年以内
技能習得に必要な経費 6か月程度:130万円 8年以内
1年程度:220万円
2年程度:400万円
3年以内:580万円
その他日常生活上一時的に必要な経費(年金保険料などの未納分、義務教育にかかる経費等) 50万円 3年以内
教育支援資金 学校の授業料などに必要な費用 (月額)
高校等:35,000円
高専:60,000円
短大等:60,000円
大学:65,000円
14年以内
学校に入学する際に必要な費用 50万円 14年以内

利息

連帯保証人ありの場合:無利息
連帯保証人なしの場合:年1.5%
※教育支援資金の場合、連帯保証人は原則不要で無利息。但し、連帯借受人が原則必要。
※返済が滞った場合の延滞利息:年10.75%

据置期間

6ヶ月以内 ※例外あり。

窓口

市区町村の社会福祉協議会

※平成25年1月現在

原則として、他の公的貸付制度を利用できる世帯の場合は、そちらが優先となります。具体的には、母子世帯、配偶者のいない女性世帯などがこれにあたります。また、学費を必要とする世帯についても奨学金などが優先となります(母子福祉資金、女性福祉資金、日本学生支援機構・奨学金については後述します)。

手続きの流れとしては、まずはお住まいの市区町村の社会福祉協議会に相談します。その後、民生委員が自宅を訪問して面接を行い申込となります。審査を経て貸付が決定すると、借用書の作成を行い資金が交付されます。申込から資金の貸付までは、約1ヶ月かかります。「生業を営むために必要な経費」の場合は、審査のため2~3ヶ月かかることがあります。

※参考:都道府県・指定都市社会福祉協議会一覧

(2)緊急小口資金

緊急小口資金とは、社会福祉協議会が低所得世帯を対象に、一時的な経済支援を行う制度です。緊急で一時的な資金不足に対しての貸付であり、具体的な対象理由も定められています。東京都の制度概要は以下のようになっています。

貸付対象理由

  • 医療費や介護費の支払いなどによって、臨時の生活費が必要なとき
  • 給与などの盗難・紛失によって生活費が必要なとき(貸付限度額5万円)
  • 火災等の被災によって生活費が必要なとき
  • 年金、保険、公的給付等の支給開始まで、生活費が必要なとき
  • 会社からの解雇、休業等によって収入が減ったとき
  • 滞納していた税金、国民健康保険料、年金保険料、公共料金を支払ったことによって、支出が増えたとき
  • 事故等により損害を受け、支出が増えたとき
  • 社会福祉施設等から賃貸住宅への入居に伴う敷金、礼金等の支払いによって支出が増えたとき
  • 初回給与支給までの生活費が必要なとき

貸付限度額類

10万円以内の必要額(1,000円単位)

利息

無利息
※延滞利息:年10.75%

据置期間

2ヶ月

償還期間

8ヶ月以内

連帯保証人

不要

窓口

市区町村の社会福祉協議会

※平成24年8月現在

手続きの流れとしては、まず市区町村の社会福祉協議会に相談します。申込が適切と判断されれば、必要書類を提出して申込となります。申込から審査を経て貸付金が交付されるまでは、最短でも約5営業日かかります。

(3)母子福祉資金

厚生労働省による平成23年度母子世帯等調査によると、母子家庭は全国で124万世帯。就業率は高いもののパートやアルバイトなどの雇用形態が多く、就労年収は約181万円で、父子家庭(就労年収360万円)のほぼ半分です。

母子家庭となった理由は、8割が離婚。しかしながら、養育費の取り決めを行っているのは4割、実際に受給している母子家庭は2割にとどまっています。

児童扶養手当等を受けながら日々の暮らしは成り立っても、学費などの大きなおカネを用立てることは、母子家庭にとって難しい問題です。

そんな母子家庭を支援する制度が、母子福祉資金です。都道府県や指定都市等が、20歳未満の子どもを扶養している母子家庭に対し、利用目的に応じた貸付を行います。東京都の場合は東京都福祉保健局が窓口となり、制度の概要は以下のようになっています。

資金の種類

  貸付限度額
事業開始資金 283万円
事業継続資金 142万円
技能習得資金 月額68,000円
自動車運転免許取得の場合:46万円
修業資金 月額68,000円
自動車運転免許取得の場合:46万円
就職支度資金 10万円
通勤のための自動車購入の場合:32万円
医療介護資金 医療:34万円
特別(所得税非課税世帯):48万円
介護:50万円
生活資金 技能修得期間中:月額141,000円
医療介護期間中、母子家庭になって7年未満の生活安定期間中、失業期間中:月額103,000円
生活安定期間中で養育費取得のために必要な裁判費用:1,236,000円
住宅資金 150万円
災害、老朽等による増改築および住宅建設・購入の場合:200万円
転宅資金 26万円
結婚資金 30万円
修学資金 学校種別、学年により異なる。
月額18,000円~96,000円
就学支度資金 学校種別により異なる。39,500円~59万円

利息

連帯保証人ありの場合:無利息
連帯保証人なしの場合:年1.5%
※就業資金、就職支度資金(児童分)、修学資金、就学支度資金の場合、連帯保証人は原則不要で無利息
※延滞利息:年10.75%

据置期間

資金の種類により6ヶ月間~1年間

償還期間

資金の種類により3年間~20年間

窓口

お住まいの市区町村

※平成25年4月現在

手続きの流れとしては、まずお住まいの市区町村の窓口に相談します。貸付が適切と判断された場合、必要書類を提出して申請となります。提出書類は資金の種類によって異なりますので、窓口で確認してください。その後、審査を経て貸付が決定すると資金を受けることができます。申請から資金交付までは通常1ヶ月以上かかります。

※参考:東京都福祉保健局「東京都母子福祉資金・貸付のごあんない」

(4)女性福祉資金

女性福祉資金とは、都道府県や指定都市等による、返済が見込まれる一定の要件を満たした配偶者のいない女性向けの貸付制度です。地域によって「寡婦福祉資金」など、名称が異なる場合もあります。

一定の要件とは次のいずれかに該当する方となります。
1)親、子、兄弟姉妹などを扶養している方(所得制限なし)。
2)年間所得2,036,000円以下で、かつて母子家庭の母として20歳未満の子を扶養したことのある方、または婚姻歴のある40歳以上の方。

東京都の場合、制度概要は以下のとおりです。

資金の種類

資金の種類 事業開始資金、事業継続資金、技能習得資金、就職支度資金、医療介護資金、生活資金、住宅資金、転宅資金、結婚資金、修学資金、就学支度資金。
※限度額等は母子福祉資金とほぼ同じ。

利息

連帯保証人ありの場合:無利息
連帯保証人なしの場合:年1.5%
※女性が扶養する子等のための資金については、保証人原則不要で無利息
※延滞利息:年10.75%

据置期間

資金の種類により6ヶ月間~1年間

償還期間

資金の種類により3年間~20年間

窓口

お住まいの市区町村

※平成25年4月現在

手続きは、母子福祉資金と同じくお住まいの市区町村で行います。申請から資金の貸付までは、やはり1ヶ月以上かかりますので、お困りの方は早めに相談してください。

※参考:東京都福祉保健局「東京都女性福祉資金・貸付のごあんない」

(5)日本学生支援機構・奨学金

日本学生支援機構による、大学等への進学を希望する学生向けの奨学金制度です。利息の有無は、学力・家計基準によって決まります。申込時期は、入学前(予約採用)と在学中(在学採用)があります。

対象

予約採用 在学採用
大学、短期大学、専修学校専門課程に進学を希望する以下のいずれかに該当する方。
・来春、高校等を卒業予定
・高校等を卒業後2年以内
・大検合格者等
※大学に進学したことのある人を除く。
大学、短期大学、専修学校専門課程に在学中の方。

奨学金の種類

予約採用 在学採用
第一種(無利息
・高校等の1年から申込時までの成績の平均値が3.5以上等の基準に該当 (1年次)高校等の最終2カ年の成績が3.5以上等の基準に該当
・(2年次以上)大学の成績が学部(学科)の上位1/3
・家計の収入金額が基準以内
例)世帯数3人の給与所得者の場合:752万円
・家計の収入金額が基準以内
例)国公立/自宅/世帯数3人の給与所得者の場合:857万円
第二種(年利上限3%)
・高校等の成績が平均以上等の基準に該当 ・出身校または大学の成績が平均以上等基準に該当
・家計の収入金額が基準以内
例)世帯数3人の給与所得者の場合:1,080万円
・家計の収入金額が基準以内
例)国公立/自宅/世帯数3人の給与所得者の場合:1,095万円

保証制度

人的保証と機関保証制度から選択

据置期間

貸与終了後6ヶ月間

償還期間

貸与総額に応じて決定

窓口

予約採用 在学採用
在学している(在学していた)高校等 日本学生支援機構 在学している大学

※平成26年度

<平成25年度 入学者の貸与月額>

  国・公立 私立
自宅通学 自宅外通学 自宅通学 自宅外通学
第一種奨学金 45,000円 51,000円 54,000円 64,000円
30,000円
第二種奨学金 30,000円・50,000円・80,000円・100,000円・120,000円のいずれか

※第一種は、種別の金額と3万円から選択できます。

第一種と第二種を併用することも可能です。また、入学月に最大50万円の入学時特別増額貸与奨学金(利息付)を受けることもできます。

なお、延滞が発生した場合は年10%の利息が課され、その情報が個人信用情報機関に登録されますのでご注意ください。

※参考:日本学生支援機構
http://www.jasso.go.jp/index.html

(6)総合支援資金

最後は、おカネだけでなく仕事にも困っている方向けの制度です。 総合支援資金貸付とは、失業や減収によって生活に困っている方を対象に、ハローワークと社会福祉協議会が連携して支援と資金貸付を行う制度です。ハローワークで就職支援を、社会福祉協議会で資金をうけることにより、生活の立て直しをはかっていきます。

対象

以下のすべての条件を満たしている方が対象となります。

  • 低所得者世帯で、失業や減収で生活に困っている。
  • 本人確認が可能である。
  • 住居がある。または、住宅支援給付を受けて住宅を確保できる見込みがある。
  • 実施主体や関係機関等から、継続的な支援を受けることに同意している。
  • 支援を受けて自立した生活ができるようになり、貸付の返済が見込まれる。
  • 他の公的給付や貸付を受けることができず、生活費に困っている。
  • 本人や世帯に属する人が暴力団員でない。
  資金の目的・貸付額等
生活支援費 生活再建までの間に必要な生活費用
複数世帯:20万円以内/月
単身世帯:15万円以内/月
貸付期間:最長12ヶ月
住宅入居費 敷金、礼金など住宅の賃貸契約を結ぶために必要な費用
限度額:40万円
一時生活再建費 生活を再建するために必要な一時的な費用であって、日常生活費で賄うことが困難なもの(就職活動費、技能習得費、公共料金の滞納の立替、債務整理手続き費用等)
限度額:60万円

 

利息

連帯保証人ありの場合:無利息
連帯保証人なしの場合:年1.5%

据置期間

貸付終了から6ヶ月間

償還期間

据置期間経過後20年間以内

窓口

市町村の社会福祉協議会

※住宅支援給付とは、離職者を対象とした地方自治体から受けられる賃貸住宅の家賃のための給付金です(総合支援資金貸付とは別制度)。

総合支援資金貸付は、貸付を受けながら生活再建をし、将来的に返済できると見込まれた方を対象としています。したがって、借金の借り換えなどに利用することはできません。

手続きの流れや提出書類は、申請する資金の種類やお住まいの地域によって異なりますので、まずは窓口でご相談ください。

※参考:厚生労働省「総合支援金貸付」

他にも無利息で借りられる公的な融資には高校の奨学金と、法人向けの小規模企業設備資金貸付制度があります。

今回は紹介出来ませんでしたが、いずれご紹介したいと思います。

生活に苦しんでいる人は、目の前のことに精一杯で、公的制度の情報を知らないという場合も多いようです。もし、あなたの周りにお金に困っている人がいたら、教えてあげてください。